この近所にいらつしやりはしないか

「この近所にいらつしやりはしないか? 香港の警察署の調べた所ぢや、御嬢さんを攫さらつたのは印度人らしいといふことだつたが、――隠し立てをすると為にならんぞ。」
 しかし印度人の婆さんは、少しも怖がる気色けしきが見えません。見えない所か唇には、反かへつて人を莫迦ばかにしたやうな微笑さへ浮べてゐるのです。
「お前さんは何を言ふんだえ? 私はそんな御嬢さんなんぞは、顔を見たこともありやしないよ。」
「嘘をつけ。今その窓から外を見てゐたのは、確に御嬢さんの妙子さんだ。」
 遠藤は片手にピストルを握つた儘、片手に次の間の戸口を指さしました。
「それでもまだ剛情を張るんなら、あすこにゐる支那人をつれて来い。」
「あれは私の貰ひ子だよ。」
 婆さんはやはり嘲あざけるやうに、にやにや独り笑つてゐるのです。
「貰ひ子か貰ひ子でないか、一目見りやわかることだ。貴様がつれて来なければ、おれがあすこへ行つて見る。」
 遠藤が次の間へ踏みこまうとすると、咄嗟とつさに印度人の婆さんは、その戸口に立ち塞ふさがりました。