こんな人は嫌われる!意識して気を付けたいポイントを解説

・マナーが悪い
使ったものを片付けない、食べた後のゴミを捨てずにそのままにしておく、などマナーの悪い人は周りに嫌な思いをさせてしまいます。
自分で使ったものや出したごみは自分で捨てるべきでしょう。
また清潔感がない人もマナーが悪いと言えます。
髪がボサボサだったり服装がだらしなかったり口臭が酷かったり。
見た目に関しては外出前に家できちんと整えておくべきでしょう。
口臭は相手も「口が臭いよ」とはなかなか言えないものなので、不快な思いをさせてしまいます。
常日頃から歯磨きをしておくことはもちろんのこと、外出先でも人と話すときは口臭を気にするべきです。
かといって外にいる時はなかなか口臭ケアは簡単にできないので、キラハクレンズなどの個包装になっているマウスウォッシュを携帯するといいでしょう。
口に含んで15秒ほどで汚れを洗浄してくれる効果がります。
キラハクレンズは、公式サイトで条件付きではありますが、定期コースでお得に購入することができますよ。
キラハクレンズの価格や販売情報:https://kiraha-cheapshop.xyz/
・他人に指摘されるとすぐに言い訳をしたり嘘をつく
言い訳や嘘をつくのは、自分に非があることを認めるためではなく、「自分は悪くない、この状況から抜け出したい」という自分を守るためです。
また、悪い人と思われたくないというプライドや、怒られたくないという子供っぽさが表れているため、見苦しいこともあります。
自分を守ることを優先すると、周囲から自分を客観的に見られない人と思われ、敬遠される原因のひとつになります。
・ネガティブな発言が多い人
愚痴や泣き言ばかり言っている人は、周りの人の気分を下げ嫌な思いをさせてしまいます。
仕事中など、明るくしなければならない場面での愚痴や泣き言はとてもストレスになります。
できれば、そのような人のそばには誰もいたくありません。
また、いつもネガティブな人は仕事で何か問題が起こると人のせいにしがちです。
これでは、周りの人に努力が足りないと思われてしまうだけです。
・自分のミスを素直に認めて謝ることができない
自分の欠点を受け入れられない人は、プライドが高い反面自分の弱点を自覚していて、それを人に見せることを恐れています。
そのため、自分の欠点を認めて謝ることができません。
誰にでも弱点があることを受け入れないと、どうしても周りの人との間に壁を作ってしまい心を開くことができなくなってしまいます。
その結果、周りの人から付き合いにくい人と思われてしまいます。