やばい会社の特徴とは?ブラック企業を回避したい!

巷にあふれる「やばい会社」
またの名をブラック企業とも呼ばれる劣悪な会社。

従業員を従業員と考えず捨て駒同然に扱う会社。
そんなやばい会社の特徴はあるのでしょうか?

当然、誰もそんな会社には入りたくありません。
転職前に見破る、見抜く方法があれば知りたい!

そんな方に向けて、やばい会社の特徴をいくつかご紹介します。
そのやばい会社の特徴というのが以下のようになります。

【特徴1】スリッパの法則に該当する会社
【特徴2】家族経営・同族経営の会社
【特徴3】社長の自己顕示欲が強い会社
【特徴4】副業禁止の会社
【特徴5】企業理念が浸透していない会社

参考:【厳選】やばい会社の特徴12選!留まっても時間の無駄なので即転職を推奨

意外に初耳の人も多い「スリッパの法則」
つまり、オフィス内をスリッパで過ごす会社はやばい!

なぜなら、気が緩み仕事への影響もネガティブになりがちだから。

決算は悪くなり株主還元も疎かになりがちです。
そんな会社に入社したくもなければ株主としての出資も控えてしまいます。

以上がやばい会社の特徴の一部ご紹介でした。
これから、転職活動を控えている方は、ぜひ参考にしてみてください。