中学受験はなんだかんだで算数

中学受験と言いますと国語、算数、理科、社会の4科目の合計点で合否が決まるところがほとんどです。ただ4科目の点数配分となると学校ごとに異なります。2科目で受験できる中学校もあるため、点数配分は異なりますが概ね中学受験では国語と算数の出来不出来で合否が決まります。
中学入試科目の中でも算数は得意不得意があるはずですので、親として苦手にならないように適切にフォローしていくことが大切です。子供だけで算数の中学受験向けの算数の勉強が出来なくなってきたら、塾よりも家庭教師をつけたほうが間違いありませんが、そうならないためにも日頃からの学習習慣が大切です。
中学受験を目指した算数では、できるだけ早い学年の段階で小学校の勉強を終わらせておくことが、中学受験対策にそのまま直結するパターンがセオリーです。少しでも早く小学校の算数を終わらせるためには、通信教育で先取り学習しておくと、お子さんの実力に沿ってお子さんのペースで勉強を進めていけます。
ただ算数を小学校入学前から乱暴に勉強させたとしても、頭の良い子には育たないと言って間違いありません。算数の勉強では本人の興味と関心を引き出し、知的探究心を高めることが重要です。
通信教育で算数に特化した教材というとRISU算数が最もおすすめなのですが、タブレットですきま時間を使って問題を解けるので、地味に算数の実力がついてくる優れものです。算数は計算ばかりではなく、図形や文章題もありますよね。
とくに中学受験を考えるお子さんなら、小学校の段階で文章題を解ける実力を備えてないといけません。ただ算数ばっかりを学ばせたとしましても、思考力が伸びなければ何の意味もありませんので、双方向からのアプローチを行なう必要があります。
参考記事:RISU算数に関する口コミはこちら
子供の算数の習い事として人気が高いのは公文式ですが、RISU算数は公文式と違って、図形や文章題などバラエティーに富んだ問題に触れることが出来るメリットがあります。RISU算数で躓いている箇所はAIが検知して、担当のチューターから解説動画が届く仕組みになっているので、わからないまま算数の勉強が進んでいく心配がありません。
RISU算数は小学校6年間の単元が全て終了すれば、中学受験コースに進み鶴亀算や植木算など、入試の定番問題をたくさんこなすことが出来るので、小学校の早いうちから先取りしておくのがおすすめなのです。
中学受験では算数を外した科目で受験するところも稀にあるようですが、基本的には算数抜きに中学受験を語ることが出来ないほど大切な科目なので、すきま時間を見つけてタブレットで手軽に勉強できるRISU算数は効率的な勉強が出来るのです。