健康診断で異常が見られた時に痩せようと思いました

サラリーマンとして働いている時は、健康診断で血液検査をしたり、体重を必ず測ります。
体重に乗った時に、標準の体重よりも10キロ以上もあった時に痩せようと思いました。
しかし、体重が標準の体重よりさほど離れていない場合でも、血液検査で異常が見つかることもあります。
血液検査で、血液中のコレステロールや中性脂肪の数値が標準値よりも超えていた場合は、将来的に心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性が高いです。
http://www.joelburman.com/
つまり、太ることは将来的に様々な病気をもたらすことを鑑みて、痩せる事で将来的な病気のリスクを削減する事につながる事を自覚しました。
肥満になる事が結果的にがんや心筋梗塞を起こすことを恐れて、血液中の脂肪の値が標準値よりも大幅に超えていた場合に、痩せることを考えます。
従って、あくまでも痩せる目的はファッションなどの目的ではなくて、将来における健康のためです。
痩せて標準体重に出来るだけ近づくことが、私の第一の目標です。