癒される笑顔のぽっちゃりさんは好感度もアップ

「病気になるんじゃないか」と見た瞬間に心配に思ってしまうと「ぽっちゃり」を超えてしまっていると思っています。
ぽっちゃりしている人は、結構表情豊かな人が多く癒される笑顔の持ち主が多いように思えます。
近くにいるだけで優しさを感じられたり、いつもニコニコとしている人が多く心に余裕もあるように思えます。
そういった人を見ていると心が和みますし、芸能人の方でも応援したくなります。
将来病気になるのではないかと思える人が「自分はぽっちゃり」と発言していると、ちょっとそれは違うでしょうとツッコミたくなります。
全体的に丸みがあるのではなく「大きい」と思えてしまう人は、自分にもだらしがないのではないかと思えてしまいますし、我慢ができないのではないかというマイナスな面を抱いてしまうものです。テレビで見かけるたびに「大丈夫かな」と心配をしてしまうため、楽しい人や表現力が良い人でもまずは「心配」ということが頭をよぎってしまい心から楽しむことができなくなってしまいます。
一方ぽっちゃりさんは、見た目も可愛らしく服装も女性らしさがある可愛さのある服を着ていて似合っている。自分の体形を上手く活かした服装を着ているように感じます。
笑顔がやさしく癒されるため男性だけでなく女性にも人気が高い人が多いのも特徴です。
お腹や太もも、ふくらはぎがぽっこりしてしまっている人は「ぽっちゃり」に分類され、ズドーンと出てしまっている人は残念ながら「ぽっちゃりには分類されない」と私は思っていますが、自覚がないのかそういう人に限って若い人でも短めなスカートを履いていらっしゃる人や太さを強調している服装をしている方も多く、同じ女性としては気になるところでもあります。