秋は人と本に嬉しい季節

日本の季節は春夏秋冬の四つに分かれていますが、その中でも秋は春と並んで過ごしやすい季節だと思います。暑さは落ち着いていながらも、それでいて寒いと感じることもない気温が続くので、体調管理が少しは楽になるような体に嬉しい季節です。
また、秋の過ごしやすさを喜んでいるのは、人に限った話ではないかも知れません。例えば、生活の中にある身近な物の「本」も人と同じように、秋の訪れを喜んでいると思います。
その理由の一つは秋が読書の季節とも言われているように、大勢の人が本を読んでくれるからです。どんな本でもその一番の目的はやっぱり、誰かに読んでもらうことだと思うので、それを手助けしてくれる秋という季節は、本にとっての追い風のような気がします。
次にもう一つの理由は、秋の季候が本を管理するのに向いているからです。紙で出来ている本は繊細なので、長く日差しに当たっていると日焼けをしたような状態になってしまいます。
また、湿度が高い場所では本が湿気を吸って、ページが波打った状態になってしまいますが、秋ならそういった心配も必要なさそうなので本が喜ぶ理由になると思います。秋は人にも本にも嬉しい季節ですから落ち着いて、本の内容に入り込むことが出来ます。
プログラミング バイト 大学生